石油系(元売系)と信販系

ガソリンカードの発行元はとても沢山ありますが、大きく二つの系列に分けられます。それが石油系(元売系)の会社と信販系の会社です。

会社によってサービス内容が異なることはわかりますが、そもそも石油系(元売系)のカードと信販系のカードにはどのような違いがあるのでしょうか。

疑問

ここでは発行元である会社の種別である石油系(元売系)と信販系について詳しくご紹介致します。


石油系(元売系)のガソリンカードとは

石油系(元売系)カードとは、ガソリンスタンドを運営している石油会社(元売会社)が発行しているクレジットカードです。スタンドを運営しているため、自社カードを系列のスタンドで利用することによって会員特典を得ることが出来ます。(>>>クレジットカードでガソリン代をお得に
カードによってその場で給油料金を割引してくれるものや後からキャッシュバックして値引きに充てるものがあります。

ご自身が良く利用するガソリンスタンドが固定で存在しているのであればこのタイプのクレジットカードがとてもうってつけです。おすすめの石油系(元売系)会社のカードページを以下に記載しますので、気になる会社をチェックしてみてください。

【石油系(元売系)会社 おすすめカードページ】
出光カード
ENEOSカード
コスモ・ザ・カード・オーパス
シェルスターレックスカード


信販系のガソリンカードとは

信販系カードとは信販会社が発行元のカードで、それぞれの会社が独自の割引率やサービスを設定・運用しています。クレジットカード会社が発行しているためクレジット機能が充実しており、給油以外の目的でも色々なシーンで活躍します。どのスタンドでも一定の還元をしてもらえるため、利用するガソリンスタンドがいつも異なる方やあまり車に乗らない方にとてもおすすめとなっております。

【信販系会社 おすすめカードページ】
JCBドライバーズプラスカード


クレジットカードで車との生活を楽しむ

石油系(元売系)と信販系の大きな違いは、「ガソリンの給油が目的のカードにする」か「ショッピングなど他の使い方もしたい」という目的の違いとして現れます。

車と旅行

例えば旅行が好きな方でも、車を利用して旅行をする際の交通費代をその時に安く済ませたいという方や、旅先での出費を後から還元したいという方がいます。どちらも値引きをしてもらうことに変わりはありませんが、どちらの予算を多く取るかによって割引対象の選択も変わります。
多く利用する出費する方を優先してクレジットカードを作ることによって、より高い割引率を導くことが出来ます。

ご自分の利用目的に合わせて会社を選び、車と深く繋がる生活を楽しみましょう。